初めてのこぎん刺し

前からちょっと気になっていたこぎん刺し。

こぎん刺しの発祥は、青森・津軽の寒い地方です。
お百姓さんが麻の着物しか着用を許されなかった江戸時代。
寒さをしのぐために麻の生地に、木綿の糸で刺し子をあしらい、
保温と補強にしたことが始まり。


東北地方応援!というきっかけで、キットを買ってみました。
コースターとか、ティッシュケースとか。

糸をほぐして、まとめて、針にとおして。
布の目を数えながら、図案にしたがって、一針、一針、刺していく。
途中、できてきた図がちょっといびつで、あれっ?と思うと刺し間違い。。。
刺した糸を抜いて、また間違えたところからやり直し。
一針一針刺していき、模様が出来上がってくると、達成感を感じて、楽しくて楽しくて。
夢中になって、コースターはあっという間にできた!

表から見ると、まぁなんとかそれっぽくできているんだけど、、、後処理とか、裏とかこれでよいのかな?
せっかくだからちゃんと知っている人に習いたいなぁ。

c0277543_23153982.jpg

[PR]
by julia_0218 | 2013-03-18 23:15 | 気分転換
<< 3月19日のランチ 3月18日のランチ >>